完全無料!全国対応!ドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

ホビードローンと産業用ドローンの違いは?

ドローン空撮一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①ホビードローンとはどんなもの?
②産業用ドローンとはどんなもの?
③ホビードローンと産業用ドローンの違いとは?

 

 

 

①ホビードローンとはどんなもの?

 

ホビードローンは、一般家庭の個人利用を想定した機種のことを指します。

 

主にラジコンのように飛ばして遊んだり、家族写真を撮ったり、風景を空撮したりするための機能が搭載されています。

 

初心者用の安価なドローンは大体5,000円から購入可能です。

 

安価なものでも、コントローラー付きで安定した飛行ができ、軽い撮影機材を搭載できる機種はたくさんあります。

 

操縦に慣れていない場合は、墜落してしまったり、壁や天井に当たってしまう場合がありますので、ガードがついているものを選ぶとよいですね。

 

また、自動で傾きを調整してくれるジャイロセンサー付きのものもおすすめです。

 

中級者用なら1万円~5万円のものになるでしょう。

 

このレベルの機種になると、重い撮影機材を乗せることができる機種、飛行時間が長い機種など、自分の利用スタイルに合わせて様々な種類を選ぶことができます

 

魚眼レンズが搭載されているもの、自分を自動追跡してくれるフォローミー機能付きのものといった変わり種も、この価格帯から選べるようになってきます。

 

あくまで基本的な操縦ができる人と想定されているため、初級用の機種に慣れてから買い足すのが良いでしょう。

 

10万円を超えてくると、上級者用の機種だと考えてよいでしょう。

 

障害物回避センサー、4Kカメラ、防塵防滴設計など高度な機能が搭載されているものばかりです。

 

自分の撮影スタイルに合った機能を妥協せずに選ぶ人向けのものになってきます。

 

一口に家庭用ドローンといっても、このようにたくさんの種類があります。しかし、共通するのは、個人で楽しむ程度の利用に留まると想定されている点でしょう。

 

 

 

②産業用ドローンとはどんなもの?

 

産業用ドローンとは、ドローン飛行を委託されたり、撮影を代行する業者が使うドローンのことを指します。

 

家庭用ドローンの用途として空撮を挙げましたが、産業用ドローンは、同じ空撮でも、例えば一台の機体を二人で操作して安定した撮影をする、高画質なカメラが搭載されている、赤外線カメラを搭載して人や動物を捜索するなどの利用が可能になります。

 

さらに撮影以外でも、ドローンの下に物を取り付けて運搬する、農地に空から農薬を散布する、高架線やインフラの点検をする、衛星や航空機に代わり測量を行うなど、様々な用途が想定されます。

 

このような、一般家庭ではまず必要ないであろう機能を搭載したハイクラスのドローンを、産業用ドローンと呼びます。

 

用途ごとに特化されているのも産業用ドローンの特徴です。

 

例えば保守点検用のドローンなら、設備にぶつからないようにプロペラガードがあり、有線で電力を供給することで何時間でも飛行することが可能になります。

 

農業用のドローンなら、薬剤を入れるタンク散布するためのノズルなどが標準装備されているものもあります。

 

また、これほどのクラスになると、オート操縦、メインコンピューターがダウンした時に予備コンピューターが起動するシステム、動作不良時に自動着陸するといった安定した任務遂行を補佐する機能も多く備えられています。

 

産業用ドローンはドローン全体の市場規模を牽引していて、2022年にはドローン全体の市場規模は2,000億円にまで達すると見込まれています。

 

今後ますます機能や使用用途が拡張され、新たな機種が発売されていくでしょう。

 

 

 

③ホビードローンと産業用ドローンの違いとは?

 

ここまで家庭用ドローンと産業用ドローンのそれぞれの特徴を紹介してきましたが、実際に明確な区別が存在するというわけではありません

 

あくまでメーカー側が個人利用を想定しているか、産業利用を想定しているかという点の違いで、実際にどんな目的で利用するのかや、操縦者の技術によって選ぶ種類は異なってきます

 

例えば、ただ自分の趣味でドローン空撮をするという人でも、ドローンに慣れている人ならより良い飛行・撮影を目指してハイクラスの機種を購入することも十分考えられます。

 

業務用だとしても、室内や簡単な場所を飛ばすだけなら、安価なドローンを選ぶこともあり得ます

 

しかし、使用用途が限定されているかどうか、撮影以外の用途が想定されているかどうかは、ホビー用と産業用の区別として一般的に認識されているものといえるのではないでしょうか。

 

仮に値段で分けるとするなら、約20万円が家庭用と産業用の分かれ目と考えるのが良いと思われます。

 

このくらいの値段から、使用用途に特化された機種になっていきます。

 

専門的な機能を持つドローンのみを展開するメーカーも、このあたりの価格帯からの商品ラインアップになっています。

 

もしもドローンの購入を考えているなら、自分がどんな目的に使いたいか、どこまでのクオリティを求めるかによって、どんな機種にするか検討するとよいでしょう。

 

また、今回ご紹介したように、プロ並みの撮影をするドローンは大変高価であるので、クオリティの高い空撮を求めるなら、自分で機材を揃えるよりも、産業用ドローンを備える業者に委託するのも一つの手かもしれません。

 

 

 

一括見積もりスタート