完全無料!全国対応!ドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

ドローン空撮ログ|格安で測量を一括見積もり依頼

ドローン空撮一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①素早く広範囲を測量可能
②人が立ち入れない場所でもドローンで測量可能
③3Dモデル作成が簡単
④低空での高解像度撮影による点群データの精度向上
⑤価格が安価

 

 

 

①素早く広範囲を測量可能

 

これまで測量業務は、主に地上での測量と、セスナなどの小型航空機による航空測量が主流でした。

 

ドローン空撮による測量は、特に地上での測量に対し短時間で広い範囲を測量可能です。

 

例えば1ヘクタールの土地を測量するとします。地上での測量では従来の光波測量では測定だけで1日半、高精度な地上3Dレーザー測量でも半日を要します。

 

これは人が移動しながら基準点を設置していくため、素早く別の基準点に移動できないためです。

 

さらに計測後も平面図へのデータを転写しそのデータが必要な水準に達しているかを検査する必要もありました。

 

これに対しドローンは30分ほどで測量を終えてしまいます

 

これはドローンは空撮による測量なのでドローンの移動に伴い次々と空撮写真の取得が可能なためです。

 

さらに必要な機材が軽量かつ少量であるため、準備のための時間が著しく少なくて済むということも要因となっています。

 

3Dデータ化するためには専用のソフトウェアを使用しますが、大規模なシステムは必要なく、処理時間もほとんどかかりません。

 

このため単位時間当たりで20倍から最大70倍ほども効率よく広い範囲を計測することができます。

 

ちなみにセスナなどの航空測量では1ヘクタール15分とさらに短時間に測量可能です。

 

しかし準備までの手間と時間という比較ではドローン空撮測量の方が有利となっています。

 

 

 

②人が立ち入れない場所でもドローンで測量可能

 

一般的なドローンの活用事例として、山深い渓流や断崖といった難所の撮影や、地震で発生した山崩れなど救難作業時において、危険な箇所を先行して確認するといったものがあります。

 

こうした人が立ち入れない場所にも行けるという特徴はドローン測量においてもいかんなく発揮されます。

 

上記のような典型的な難所での測量はもちろん可能ですが、例えば工事現場といった測量をするために立ち入ると作業の邪魔になるような場所でも、上空からの撮影のため作業を妨害することなく測量することができます。

 

場所によっては対空標識を設置する必要もありますが、設置ポイントを減らし計測者にかかる負担とリスクを減らすことが可能です。

 

 

 

③3Dモデル作成が簡単

 

ドローン空撮で撮影された写真は1枚1枚は、撮影するドローンの高さに応じて傾きなどで歪んでいます。

 

この歪みは、写真を撮った時にGPSや気圧などで計測したドローンの高度情報を用い、複数枚の写真によって歪みのない画像を生成することができます。

 

この歪みのない画像のことを「オルソ画像」といいますが、この生成過程において経度・緯度などの座標に対する地形の高度も解析できます。

 

こうした地形の復元作業は専用のソフトウェアで自動的に行われ、補正などの作業も少なくてすむため、簡単に三次元点群データを取得できます。

 

 

 

④低空での高解像度撮影による点群データの精度向上

 

無人航空機であるドローンは、航空法により150メートル未満の高度で飛行することが義務付けられています。

 

この規制に基づく低空飛行により、地形までの距離がセスナなどの航空飛行に対して非常に近くなります。

 

このためそれほど高価な撮影機材を用いなくても写真の精度は高く、地形データも解像度の高いデータを得られることができます。

 

こうしたドローン空撮と旧来の空撮による測量データの違いは、その利用先にも影響します。

 

例えばセスナによる空撮によって得られる地形データは縮尺が小さいため、大都市など広い範囲の地図を作成するときに用いられます。

 

一方ドローン空撮によるデータ1/500などと大きな縮尺になるため、分譲地のために造成する予定の土地の地図を作成するために利用されます。

 

 

 

⑤価格が安価

 

光波測量や地上3Dレーザー測量などの地上での測量では専用の機材を導入しなければなりません。

 

また小型航空機による航空測量は航空機の購入費用から、高い高度からの撮影に対応する高価な撮影機材を必要とします。

 

これに対してドローン空撮は一般的なドローンと比較的安価なカメラ、そして専用ソフトウェアを入れるだけで済むなど、導入コストは非常に安価になります。

 

ですが本当のメリットはランニングコストの抑制につながることです。地上の測量では必ず複数の作業員で測量を行わなければなりません。

 

機材の輸送コストも機材点数に応じて増加します。面積が広いと測量する期間も長くなり、それに応じて人件費などのコストも増大します。

 

しかもデータを取り終わった後も地図とデータを照合・編集して登録する作業が別に行われるため更なる費用が必要です。

 

セスナなどの航空測量は、航空機自体のメンテナンス費用や飛行による燃料代が必要で、飛行するにあたり航空法に基づき各官庁の許可を受ける必要があります。

 

データ取得後の費用はドローンでの測量と大幅には変わりませんが、測量するだけで倍以上の費用がかかります。

 

これらに対してドローン空撮での測量は航空法に抵触しない重量と高度の飛行であれば特に申請は不要で、必要とされる人員も少なくてすみます

 

また時間あたりにカバーできる測量範囲が広いため、測量が短時間で終了します。

 

さらにデータの登録・編集・更正のほとんどがソフトウェアによる自動処理のため、こちらに人員を多く配置する必要もありません。

 

これにより費用の中でも最も大きな人件費が他のどの測量方法に対しても少なくてすみます。

 

 

 

一括見積もりスタート