完全無料!全国対応!ドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

ドローン空撮ログ|太陽光発電の保守点検を格安依頼

ドローン空撮一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①新しい選択肢 太陽光発電×ドローン点検
②大幅な作業効率の向上とコスト削減
③クオリティの向上
④更なる効率化に期待!人工知能(AI)の活用
⑤リスクはあるの?注意すべき点について

 

 

 

①新しい選択肢 太陽光発電×ドローン点検

 

ドローン空撮による太陽光発電の保守点検は2017年ごろより広く知られるようになったサービスで、近年盛り上がりをみせている注目の市場です。

 

その概要としては、光学カメラや赤外線カメラを搭載したドローンを飛行させ、上空から太陽光パネルを撮影し温度分布などのデータを取得して分析、および映像を確認することで、異常のあるパネルを効率的に特定、太陽光発電所の安定した稼働につなげるものです。

 

ではどういった点で、太陽光発電の保守点検にドローン空撮がおすすめなのか。

 

その理由を具体的に見ていきましょう。

 

 

 

②大幅な作業効率の向上とコスト削減

 

検査員が検査機を持って、パネル一枚一枚を確認していく従来の点検方法では、太陽光発電所の規模と比例して、点検に要する時間は長くなり、また多くの人員の派遣が不可欠でした。

 

ドローン空撮による最大のメリットは、上空から一度に広範囲の点検を行うため、作業時間の大幅な短縮がのぞめるという点にあります。

 

また人手を介すことにより、見落としなどの人為的なミスを完全に避けることが困難であった作業も、この役割を機械が代行することによりミスを極力排除することができるようになりました。

 

作業効率の向上が、多数の人員の削減を可能にし、さらにはメンテナンス費用の削減に繋がる。

 

これらはドローン空撮という選択により、一連の作業に良い流れが生まれる好例と言えるでしょう。

 

 

 

③クオリティの向上

 

正確な検査結果を得るためには、赤外線サーモグラフィーやカメラなどの機械と太陽光パネルの距離や角度を一定に保つことが不可欠です。

 

この点においても、ドローンは非常に優秀。

 

機体に備わった飛行機能制御機構や、角度検知センターにより非常に高い精度で点検作業を行います。

 

また太陽光パネル本体にとどまらず、接続部分や蓄電池などその周辺機器においても、早期に異常を検知し保守管理を行うことで、太陽光発電システム全体の故障を未然に防ぎ、長期間安全にかつ効率よく、再生可能エネルギーを利用することも出来るようになりました。

 

そして多くの場合、受信した測定結果や探査結果はソフトウェアによる自動解析にかけられ、そこから得られたデータもまた自動的にレポート化されます。

 

詳細なデータの蓄積が毎年の劣化情報の管理にも一役買っているのです。

 

さらに従来の保守点検に加え、ドローンによるパネルの清掃サービスなどを合わせて提案しているケースも企業によってはみられました。

 

これによりまず、パネルの不具合や影以外の温度差要因(例えば風雨による汚染、砂泥および花粉の付着や鳥の糞害等)を排除することができ、検査の精度を高めることに成功しているようです。

 

発電効率を維持し、システム自体の耐久性を高める観点からも、現状ではあくまで付帯的な位置付けのこのようなサービスですが、今後はますます存在感を増していくことが予想されます。

 

 

 

④更なる効率化に期待!人工知能(AI)の活用

 

空撮後のデータ分析もまた自動化されつつあるという話は前述の通り。

 

この点を少し掘り下げてみていきましょう。

 

ドローンによる点検保守サービスが登場した後も、当初この後作業は人の手によって行われるケースが少なくなく、多くの時間と労力を要していました。

 

太陽光パネルの数が多いほど不具合箇所の特定は難しくなることから、効率化を求める声は以前から多数上がっていたのです。

 

その声に応えるように登場したのが、AIのディープラーニング(深層学習)が採用された分析システムです。

 

人手による従来型の解析サービスに頼った場合、ドローンでの空撮が15分で完了した場合(出力2メガワットの発電所のケース)においても、その後データ分析を経て報告書を作成、送付するまでには一般的に一週間程度の時間が必要とされてきました。

 

この一連の作業がAIにより一日で完了するまでになったのですから驚きです。

 

運用を続けるほど賢くなり、検出精度は向上、分析能力もアップする。
業界はAIの登場により新たなステージに入ったとも言えるでしょう。

 

さらなる技術革新が期待される分野でもありますね。

 

 

 

⑤リスクはあるの?注意すべき点について

 

ドローンには複数の安全対策が施されていますが、過去には故障や電磁波が原因で起きた墜落事故の例も報告されています。

 

ドローン空撮による保守点検は非常に効率的で画期的、一般にも広く知られるようになってきた手法ですが、想定外の要因により事故に繋がるリスクがあるということは、認識しておく必要がありそうです

 

企業側も事故時の被害を最小限に抑える努力はしており、墜落の衝撃から太陽光パネルおよびドローンを保護するため、飛行が困難となった際には非常用のパラシュートが機能するなど、自動事故回避機構を備えた機体も確認できました。

 

また、実際の空撮にあたっては予め飛行経路を設定し、ドローンが自律飛行(自動飛行)出来るようにプログラミングする方法と、専門のオペレーターが操作する方法とがあります。

 

前者のメリットは低コストであることですが、きめ細やかな飛行を実現するという点において、高い操作技術を有するパイロットには一歩及ばないということもまた事実。

 

ドローン空撮を依頼する際には、プライオリティを明確にする事でそれぞれの事情に合ったサービスを選択することができるでしょう。

 

 

 

一括見積もりスタート