完全無料!全国対応!ドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

ドローン空撮ログ|プロモーションビデオを格安依頼

ドローン空撮一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①ドローンを使えば綺麗なプロモーションビデオを出来る!
②空からの映像がリアルタイムで確認出来る!
③ドローンを利用する場合の注意点
④ドローンを選ぶポイントは?

 

 

 

①ドローンを使えば綺麗なプロモーションビデオを出来る!

 

プロモーションビデオにドローンを使って撮影するケースも珍しくありません

 

ドローン市場は今後拡大し続けるという見込みもあり、性能の向上が留まる事をしりません。

 

その為、以前では出来なかった撮影が出来る様になり、アイドルやアーティストのプロモーションビデオではドローン空撮は一般的になっています。

 

上記のYouTube動画では、ドローン一機のみを使って撮影しているので、参考になると思います。

 

人物を上空から撮影することで躍動感だけでなく、臨場感の溢れる映像に仕上げることも出来るようになり、見た目鮮やかなプロモーションビデオを撮影していくことが可能となります。

 

スポーツニュース等で見るような上空からの映像をドローンを駆使する事で、誰でも気軽に撮影することが可能になります。

 

空撮というとラジコンのヘリコプターを用いての空撮をイメージする方もいますが、ラジコンをコントロールするには、相応の技量も必要になるものです。

 

ドローンであれば、スマートフォンでもパソコンでも手軽に操縦をすることが可能ですので、イメージ通リのプロモーションビデオを気軽に撮影することが出来るようになります。

 

高機能なドローンの場合は、機体にセンサーも付加され、障害物や加速度、方位等を自身で感知する自律型飛行も可能になっています。

 

初めて操作する方でもある程度の飛行訓練で自由にコントロール出来るようになるドローンですが、かける時間とコストがかかりすぎるので、イメージ通リのプロモーションビデオを撮影したいのであれば、プロに頼むのが手っ取り早いです。

 

 

 

②空からの映像がリアルタイムで確認出来る!

 

ドローンを使っての撮影の場合は、空からの映像をリアルタイムに確認することが可能になります。

 

スマートフォンやタブレットを用いて操縦していけば、ドローンが撮影している映像を確認しながら撮影することが実現します。

 

ドローン目線で操縦が可能ですから、渓谷のような障害物の多い地域でも問題無く映像を撮影する事が出来るようになります。

 

撮影対象へのズームインから、被写体の側を通過する映像まで、プロ並みなテクニックを駆使した映像が初めての方でも無理なく撮影することも可能です。

 

車や電車の近くを斜めに移動していくようなスリリングな映像も気軽に撮影することが可能で、ドローンを使っていくことで少ない予算で映画のような迫力のある映像を個人でも撮れるようになります。

 

 

 

③ドローンを利用する場合の注意点

 

誰でも手軽に空からの映像を撮影出来るドローンですが、実際に利用するには事故が発生しないかの注意も必要です。

 

スマートフォンやタブレットで手軽な操作が出来るドローンですが、一歩間違えば大事故に陥ってしまう可能性も十分に有り得ます。

 

国内での飛行に関しては様々な法律や条例が適用されてもいます。

 

プロモーションビデオの撮影を実施するにあたっては、各種条例や法律を事前確認を済ませ、問題無い撮影を進める準備を済ませることが大切です。

 

ドローンを飛ばす場合は、民家の密集した地域や150メートル以上の上空を飛ばす事は禁止されています。

 

航空法に関する法律や条例に関しては国土交通省のホームページを参照すれば閲覧出来ます。

 

詳細な内容は国土交通省のホームページで確認をするのが良いでしょう。

 

無人航空機を飛ばす際に注意をするべき事項は、無人航空機ヘルプデスクでも問い合わせが可能です。

 

フリーダイアルで問い合わせを行うことが出来ますので、必要に応じて問い合わせを行っていきましょう。

 

 

 

④ドローンを選ぶポイントは?

 

基本的に世間にアピールする為のプロモーションビデオであったら、画質が綺麗で、クオリティを重視するので最低でも20万以上の高性能ドローンを使用しなければいけません

 

しかし、そこまでのクオリティは必要なく、そこそこで良いという方もいらっしゃるでしょう。

 

空撮を行うにも、とにかく上空からの映像を撮影していきたい場合や、旅先で空撮を行うような本格的な映像制作と様々な利用シーンが考えられます。

 

プロモーションビデオの撮影シナリオが出来上がれば、自然とどの種類のドローンが必要かも見えていきます。

 

市販のドローンも、とにかく飛ばすだけのものなら一万円程度の低価格のものから販売されていますが、カメラ付きのものであれば5万円程度の金額が購入に掛かっていくようになりますから、慎重に機体選びを進めることが重要です。

 

だいたい、そこそこの質を求めるなら10万円以上のドローンを選ぶと良いです。

 

また、プロに空撮を依頼する訳ではなく、あくまでも内々でプロモーションビデオを撮影していく場合には、ドローンに搭載されているカメラの性能とブレがないかの性能を重視しましょう。

 

画質面を重視していくのであれば、4K対応カメラを搭載したモデルのドローンを選んでいくのが良いですね。

 

画質よりも予算を重視してドローンを選んでいくのであれば、フルHD対応カメラを搭載したモデルのドローンを選ぶのも手です。

 

空撮を行っていく場合には、ブレや揺れに左右されない映像撮影を考えることも重要です。

 

山間の上空では風が強い場合も多く、綺麗な映像が撮れていると思っていても、実際の映像はブレが酷いような場合も珍しくはありません。

 

ドローンにおけるブレの補正機能はジンバルと呼ばれます。

 

画質面やブレの補正機能を考慮に入れ、撮影目的に応じたドローンを選んでいきましょう。

 

ドローンを販売するメーカーには様々なところがあります。

 

国産機種以外にも、アメリカや中国と各国のメーカーが作成したドローンが販売されています。

 

それぞれの機種の特徴や価格を比較していき撮影に適したドローンを選びましょう。

 

プロに依頼するなら「ドローン空撮ログ」の様な一括見積サイトで業者を比較するのが良いです。

 

 

 

一括見積もりスタート