完全無料!全国対応!ドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

ドローン空撮ログ|自治体のPR動画を格安一括見積もり依頼

ドローン空撮一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

ドローン空撮は自治体のPR動画に最適!
空撮にも色々ある!空撮の種類を知ろう
自治体のPR動画をドローンで!ドローン空撮のメリットとは?

ドローン空撮は自治体のPR動画に最適!

自治体のプロモーション動画が人気を集めています。中でもドローンを使って、普段見ることのできない上空からの景色を映し、自然の魅力を最大限にアピールした動画が次々に作られており、目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。ドローンはテレビやネット動画など、さまざまな場面で活躍しています。
それほどに人気を集める理由は、ドローンならではの低空から上空まで広い範囲をカバーできる自由さと、被写体にごく近くまで接近する迫力にあると言えるでしょう。ドローンで撮影された映像は臨場感があり、思わず見入ってしまいますよね。
自治体のPRでは、風光明媚な観光地をクローズアップしたり、ユニークな特産品を紹介したりなど、それぞれの地域の特性を生かしアピールしているものが多く見られます。とりわけ自然に対する魅力はただ風景を撮るだけでなく、あらゆる角度から撮影でき、臨場感を伴った動画が作れるドローン空撮が最適だと言えるでしょう。

空撮にも色々ある!空撮の種類を知ろう

空撮と言っても、ドローンに限らずさまざまな方法があります。どのような方法があるのか、詳しく見ていきましょう。
まず紹介するのが、ヘリコプターによる空撮です。空撮と聞いて最初に思い浮かぶのがヘリ空撮、という方も多いのではないでしょうか。ヘリ空撮の特徴は、ホバリングが可能なことです。ホバリングができることで、一点にとどまり撮影することができます。ただし、ヘリコプターのチャーター代は高額で、ヘリ空撮ではカメラマン費用も別途必要となるため、費用が高額になることがデメリットと言えるでしょう。
次に紹介するのが、セスナ空撮です。小型のプロペラ機であるセスナは、高度を上げて撮影できる点が特徴です。また、ヘリコプターをチャーターするよりも安価に済みます。ただし、ヘリコプターとは異なりホバリングができないため、一点にとどまって撮影する、ということはできないのがデメリットです。
続いては、クレーン撮影です。地上で支えられた状態で撮影するため、安定している点が特徴です。この特徴はメリットでもあり、デメリットでもあります。地上に固定されているため、動かして撮ることができず、動きのある動画を撮影したい場合には不向きでしょう。また、クレーンが置けるスペースが必要となるため、使用するには制限が生じることもデメリットと言えます。
最後は、ドローンを使った空撮です。すでに紹介したヘリコプター、セスナ、クレーンのいずれと比較しても低コストな点が一番の特徴でしょう。
また、上空だけでなく低空にも対応でき、ヘリ空撮やセスナ空撮では不可能な特徴を備えています。ただし、高度に関しては150mが限界のため、それ以上の高度で大きな被写体の全体像を撮影したい場合にはヘリ空撮やセスナ空撮を選択しましょう。
ドローン空撮の特徴としては他にも、ヘリコプターやセスナに比べると小型であることが挙げられます。小型であり、さらに無人であることから、他のものが通ることのできない狭い場所でも小回りが利き、有人では近づけないような被写体に限界まで近づいて撮影することが可能です。
多くのメリットを持つドローン空撮ですが、注意点ももちろん存在します。ドローン空撮の普及とともに法整備が整っていない点が問題視されています。新しい空撮の手段として認知されつつあるものの、航空法の制限など法律関係の申請や許可が必要なため、ドローン空撮ではきちんと許可を受けている企業に依頼しましょう。

自治体のPR動画をドローンで!ドローン空撮のメリットとは?

ドローンの登場とともに空撮の方法が広がり、より被写体に近く、迫力のある映像が撮れるようになりました。空撮にはドローン以外にもいくつか方法があることや、それぞれの特徴を紹介しましたが、これほどまでにドローン空撮が人気を集める理由は何なのでしょうか。また、自治体PR動画においてどのようなメリットがあるのか、紹介していきます。
まず、ドローン空撮のメリットは、すでに紹介したように安価な上に手軽であること、被写体に接近して撮影できることが挙げられますが、それ以外にも、映像演出方法が多様であることが挙げられます。ドローンによる空撮のシーンでは、地面から急上昇するスケール感や、景色が移り変わっていく疾走感、普段見ることのできないアングルからの景色など、ドローンならではの演出に思わずひきつけられてしまう経験をした方も多いでしょう。実際に目の前にしているような臨場感は、他の空撮手法では感じられないものです。例えば、ヘリコプターやセスナでの空撮では、視点の変化などはなく単調なことが多いため、風景の一部としての認識で終わってしまうのが、ドローン空撮との違いです。こうした演出方法の多様性が、より魅力的な動画を作る上で欠かせないポイントと言えます。
PR動画では、自然の風景を用いることが多いですが、その風景をただ撮影するだけでは魅力的な動画とは言えません。いかに魅力的に撮影するか、その演出方法が重要です。多様な演出が可能なドローンならではの魅力あふれる映像は、自治体のPRにうってつけだと言えるでしょう。

一括見積もりスタート