完全無料!全国対応!ドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

ドローン空撮の需要は年々増加傾向?今後の必要性

ドローン空撮一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

目次

①ビジネスにおけるドローン空撮の需要は増加傾向にある
②ドローンによる農作業
③ドローンによる監視・点検
④ドローンによる映像制作

 

 

 

①ビジネスにおけるドローン空撮の需要は増加傾向にある

出展:株式会社インプレス「ドローンビジネス調査報告書2018」

 

現在、ビジネスにおけるドローン空撮やその他のサービスの需要は非常に高まっています

 

上記のキャプチャ画像は今後のドローンの市場予測となっておりますが、あきらかに右肩上がりですからね。

 

建築業ならばドローンを利用した測量、サービス業ならば結婚式などの記念空撮、催しなどでよく行われるイベント会場上空のドローン飛行など、実にさまざまです。

 

ドローン空撮のための部署を作った会社さえあるほどです。

 

ドローンの普及と認知はいよいよ進み、多くの企業が活用に乗り出しているのです。

 

ですから、ドローン空撮の需要はあるのかという問いに関する答えは、あるというのがまさに現実です。では、実際にどんな需要があるのか、具体的に紹介していきましょう。

 

 

 

②ドローンによる農作業

 

「後継ぎ不在」「高齢化」「人手不足」、そんな農業の分野において、ドローンの使用はいよいよ大きな存在となりつつあります。

 

どんな活用方法があるでしょうか?まず、ドローンに農薬を積載して空中から散布すれば、広大な田畑にいともたやすく農薬を散布することが可能です。

 

以前は、産業用無人ヘリを利用する農家もありましたが、このヘリは一人で持ち運びができません。

 

さらに、コストが非常に高く、一台1,000万円ほどしてしまうのです。

 

ですから、使いやすさの点でも、コストの点でも、ドローンには大きなメリットがあるといえるでしょう。

 

また、野生動物の監視にも有効です。
田畑を食い荒らす野生動物の生態を上空から定期的に調査して、事前策を講じることができるでしょう。

 

ドローンから音や匂いを発することで、田畑に近寄らないよう追い払うことも可能なのです。

 

しかし、こうしたことも含めて、農家が抱える最も大きな問題は「後継ぎ不在」や「人手不足」の問題でしょう。

 

この点でも、ドローンの存在は見過ごせません。広大な田畑を軽やかに飛び回り、肥料や農薬の散布、害獣対策、空撮による品質管理が可能なのですから、これはまさに大きなサポートといえるでしょう。

 

他のテクノロジーとの連携で、今後の活躍の幅はさらに広がっていくに違いありません。

 

 

 

③ドローンによる監視・点検

 

各イベントにおける警備の分野で、ドローンが積極的に活用されるようになっています

 

大きなイベントの場合、警備範囲は非常に広大であり人の数もかなり多いため、上空からの監視はまさに有効な手段です。

 

大勢の群衆の中から不審者を探し出したり、地域全体のトラブル発生の有無を確認する上で、非常に適した方法といえるでしょう。

 

一方、人気のない山間部における警備のためにも、ドローン空撮の需要は高まっています。

 

近年では、産業廃棄物などの不法投棄が大きな問題となっているからです。

 

不法投棄が目立つ地域を定期的にドローンで上空から監視することにより、大きな抑止効果が期待できるでしょう。

 

ドローン需要は、メンテナンスの分野でもいよいよ大きくなっています。

 

たとえば、高層ビルの外壁点検や高所の照明器具、アンテナなどの点検に積極的に活用されています。

 

今までは巨額なコストを投じてメンテナンスせざるを得なかった分野ですが、今やドローンの出現により低コストでいともたやすく行えるようになったのです。

 

施設全体の安全性の維持にとっても、大きなメリットといえるでしょう。

 

企業のみならず、行政もドローンによる点検を積極的に行っています。

 

たとえば、老朽化している道路や橋梁などの点検が挙げられるでしょう。

 

ドローンに高解像度カメラを搭載して撮影すれば、細かな破損箇所やひび割れまでもがはっきり目視できるのです。

 

行政による点検と整備の分野においても、ドローンの需要は高まっていくことでしょう。

 

土地開発の分野においても、事前の土地調査・点検においてドローンが積極的に活用されています。

 

以前は地上における測量に頼らざるを得ませんでしたが、今ではドローン空撮による立体測量が可能となりました。短時間で測量用の画像が取得できるドローン空撮は、本当に大きなメリットとなっているのです。

 

 

 

④ドローンによる映像制作

 

映像業界においては、ドローンによる撮影が新しい撮影手法としてかなり定着してきました。

 

上空から真下にカメラを向けた俯瞰的な映像描写、移動する被写体を空中から追いかける映像描写、広々としたロケーションを上空から雄大に映し出す映像描写、使い方は実にさまざまです。

 

意識して見てみると、最近のコマーシャルやテレビ番組にドローンが積極的に活用されているのが分かるでしょう。

 

報道映像においても、ドローンの空撮は広く見られますね。

 

災害現場や事故現場の様子が、ドローンによって頻繁に撮影されています。

 

地上からでは現場の全体像が伝わりにくいので、ドローン空撮は非常に有効な手段といえるでしょう。

 

他にも、さまざまな企業が自社のプロモーション映像のために、ドローンを活用するケースが増えています。

 

企業の建物をドローンで撮影すれば、スケール感を十分に演出できるでしょう。大型商業施設などを上空から撮れば、全体像や規模を分かりやすく伝えられるでしょう。

 

テーマパークやゴルフ場など、広大な敷地を映し出すのにも有効ですね。

 

映像業界におけるドローンの利用は、まだまだ未知数といえるでしょう。

 

 

 

一括見積もりスタート