完全無料!全国対応!ドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

ドローン空撮ログ|企業PR動画を格安一括見積もり依頼

ドローン空撮一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

人の立ちれないところからの撮影ができる
周囲の環境・サービス内容を伝えることができる

SNSでの拡散効果が高い

人の立ちれないところからの撮影ができる

人の立ち入れないところからの撮影が可能になるところは、ドローン空撮の強みです。人の目線とは一味違った、違った視点を提供できるでしょう。
例えば、観光業などの場合には、自然のロケーションを空撮することにより、その全景を捉えることができます。ドローンの空撮を活用して宿泊施設をPRしようと思う場合には、その宿泊施設の立地を含む、環境を俯瞰して撮影することが可能です。観る人は温泉施設はもちろんのこと、その土地の全体像を知ることができるでしょう。自然豊かな立地である場合には、人の立ち入れない場所から撮影することで、今までにない視点から自然の表現をすることが可能になります。
具体的に活用されている事例を見てみますと、温泉施設の内部映像と、ダイナミックな自然の情景とを交互に挟むことでコントラストを出し、印象づけている例があります。長野県蓼科の横谷峡温泉のPR動画がその例です。山々に臨む景色の映像や、白樺湖やビーナスラインと呼ばれる、山々の狭間を走る道路の空撮映像で、ホテルの温泉や部屋、食事の映像をサンドしています。
そのような手法をとることで、どのような立地であり、温泉の周囲にどのような自然資源があるのかどうかを、視覚的にアピールすることができます。温泉そのもののダイレクトなアピールだけでなく、環境などのサイドの情報を視覚的に提示することで、観る人は周囲にどのような観光地があるのかを知ることができます。
例えそれが温泉施設のPRであったとしても、結果として周囲の観光施設にもPR効果が波及していくことが期待できるでしょう。隣接する観光地にも人が流れ、一方で観光地に行った人がその温泉施設を選択するなど。相互作用で好循環が生まれる可能性があります。

周囲の環境・サービス内容を伝えることができる

アメリカの不動産会社では、物件のPRのために、ドローンの空撮を導入するケースが増えています。2016年度の調査において4分の1の不動産企業が自社にドローン撮影のパイロットによる撮影や外注により、ドローンを導入しているとのアンケート結果があるようなのです。2018年以降では、もう少し増えている可能性があります。
アメリカと日本とでは住宅事情は多少異なりますが、物件を検討するときには、多くの人が物件の細かい部分を知りたいと思うのではないでしょうか。物件の内部を詳細に知ることはもちろんですが、ドローンの空撮動画を参考にすることで、周囲の環境を知ることができます。
あるいは、アミューズメント施設などでも施設の全景を撮影することで、その規模や周囲の施設をアピールできるでしょう。企業であれば、会社の概要を説明するために周囲の環境を空撮し、地図のような役割をすることができるかもしれません。
企業の取り扱っているサービスによっては、サービスそのものを撮影することもできます。工場や、関連施設、イベントを空撮するなど活用方法が自在です。
このように、ドローンの空撮は、周囲の環境やサービスを視覚化できるため、視聴者に写真や文面以上の情報を提供できます。

SNSでの拡散効果が高い

ドローンでの空撮映像は、SNSとの相性がとても良いです。
SNSが市民権を得てきたことにより、映像コンテンツに対して、敷居が低くなっている傾向にあります。そのため、良い映像であればすぐに拡散されますし、話題にのぼる土壌ができているのです。映像が話題になることで、関心を持った視聴者はPR内容だけではなく、企業自体にも関心を向けます。そうしたときに、PR外にある異なるサービスにまで、関心が向かう可能性もあり、人の流れの動線ができることも望めます。
また、ドローンの空撮を依頼する場合には、そうしたSNSに効果的に拡散できるように、映像の編集まで担当してくれるケースもあるようです。そのほか、動画サイト掲載用に、ショートムービーを作成してくれるなどのサービスまでもが、依頼内容に含まれている場合もあります。上手く活用すれば、編集作業の時間を大幅にカットすることもできるでしょう。
ドローンでの映像は4K動画対応の高画質です。また、ホバリング機能が搭載されているため、空中での静止が可能。そのためぶれがなく、安定した映像の撮影ができます。今まではヘリコプターでの撮影がメジャーでしたが、その費用は100万円単位からと決して安くはありませんでした。しかし、ドローンの場合、多くはその10分の1ほどの価格で撮影することができます。
もちろん、ドローンの撮影には許可が必要です。許可申請の手間が苦であるなら、ドローン空撮専門の会社に撮影依頼をすることで、空撮に必要な許可の申請までまかなってもらうこともできます。
もしも、外注ではなく、自社にドローンの空撮パイロットを導入したい場合には、パイロットの教育・研修のスクールや講師の派遣サービスを検討してみても良いかもしれません。ドローンの知識は日進月歩ですので、最新の知識や技術を学べるスクールやサービスを選ぶと良いでしょう。

一括見積もりスタート