完全無料!全国対応!ドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

ドローン空撮を格安で依頼する方法は?

ドローン空撮一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

ドローン空撮の依頼にかかる費用の内訳
ドローン空撮で具体的にかかる費用
ドローン空撮業者による費用の違い
ドローン空撮を格安で依頼するには?
ドローン空撮依頼で注意すべき点

ドローン空撮の依頼にかかる費用の内訳

ドローンで撮影する場合、ドローンを飛行させるうえで必要となる操縦技術や周囲の人々に迷惑をかけることなく操縦するための知識は必ず有していなければなりません。また、美しく撮影するためにプロの技術が必要なこともあるでしょう。そのためには、ドローン空撮を専門で行う専門家へと依頼しなければなりません。専門家へと依頼するためには費用が掛かるものですが、できるだけ安く済ませたくなります。しかし、ただ安ければよいという問題ではありません。削ってはならない料金もあるので、まずはかかる費用の内訳を知る事が必要です。
ドローン空撮の依頼にかかる費用は大きく基本料金とオプション料金、そしてその他の料金として分けることができます。基本料金とは、ドローンの空撮に必要となる最低限の料金であり、ドローンの操縦と空撮をすることができる人員1名の人件費とドローンの機材貸出費用、撮影料金です。多くの場合は、フライトの時間や撮影カットに限りがあります。オプション料金とは、基本料金に含まれない内容で、より複雑な撮影をする場合などに必要となる料金です。より彩度や明度が高いカメラや操縦性能の良いドローンを使いたい場合に機材費がかかり、より広範囲・特別な場所を撮影する場合に必要となるオペレーター料金が含まれます。その他の料金とは、交通費やロケハン費用、再撮料金やキャンセル料金、許可申請の料金と賠償責任保険料、動画編集料金となります。
これらの料金は、すべての業者で同じ料金形態ではありません。基本料金やオプション料金に含まれている費用の内訳が異なることもあるので、あらかじめしっかりと確認することが重要でしょう。費用面で損をしないためには、まずはどこに何のための費用が掛かるのかということをしっかりと確認し、費用面での関心をしっかりと持つことだともいえます。

ドローン空撮で具体的にかかる費用

人件費や撮影料金など、ドローンの空撮の依頼には様々な費用が掛かってきます。それらの項目ごとに、どの作業にどれだけの費用が掛かるのかを細かく見ていきましょう。その費用を細かく見ることにより、どの費用を削ることができるかの判断ができるようになります。
基本となる人件費は、ドローンの操縦と空撮を行う人への費用です。地上での撮影でカメラマンを雇った場合にかかる費用は、およそ6万円程度の人件費がかかることに対して、ドローンの操縦と空撮をする際の人件費は8から10万円程度になります。ドローンの操縦をしながらの撮影ということで、比較してみてもそこまで高いという印象は受けない値段です。
機材費用は、どの機材を使用するかによって基本料金とオプション料金との両方がかかることがあります。基本となる小型のドローンを使用する場合は、かからないこともありますが、中型機や大型機や別途カメラを搭載するためのドローンを使用する場合は多大な費用が掛かることが多いです。小型のドローンの購入におよそ30万円ほどで、中型・大型のドローンの場合は購入に100万円を優に超えることがあるので、別途数万円がかかるでしょう。どのような撮影をしたいかによって吟味することが重要であるといえます。
ドローン空撮をする場所が、撮影が制限されている区画である場合などは監視員や補助員を新たに設けなければなりません。そのオペレーターにかかる費用が25,000円から50,000円ほどかかる可能性が高いです。
空撮を行う場所の下見となるロケハン費用は30,000円ほどで、撮影ができなかった場合の予備日(再撮)が1日当たり20,000円ほど、許可申請料金は専門業者の場合はかからないことが多いです。このほか、ドローンの撮影では、撮影地によっては交通上・土地所有者との関係の問題などがあるため、その調整費用が掛かることもあれば、ドローン空撮でなにがしかの物を破損した場合の補償費用である賠償責任保険料と撮影した映像の編集費用が掛かる場合もあります。

ドローン空撮業者による費用の違い

ドローン空撮にかかる費用の内訳は、人件費や機材費などと数多くに分けることが可能ですが、依頼する業者の種類によってもおおよその費用相場を知ることができます。
ドローン空撮を依頼することができるのは、個人の副業と格安業者、空撮業者と従来の空撮業者の4つに分けることができ、おおよその相場が決まっています。
個人の副業の場合、プロでないことも多いですが、最も安く30,000円から50,000円ほどです。格安の空撮業者の場合は50,000円から70,000円ほど、ある程度のレベルの補償された空撮業者では100,000円前後、従来の空撮業者の場合300,000円以上となります。
個人の副業の場合、中にはプロとはいいがたい機材や撮影技術の場合があり、格安業者は実績が少ないです。ある程度のレベルが保証されている空撮業者の相場とその内訳が上記で記したものです。従来の空撮業者とは、ドローンが市場に出る前から空撮を行っている業者であり、大型機材をそろえたりと莫大な費用が掛かる可能性があります。

ドローン空撮を格安で依頼するには?

ドローン空撮依頼を格安で行いたい場合にはいくつかの工夫が必要です。同時に、いくら格安にしたからといっても削ってはならない料金というものもあるので注意が必要です。
削ってはならない料金とは、調整費用と賠償責任保険料でしょう。後々のトラブルを避けるためにも、削ってはなりません。削りたい場合には、撮影場所を自身や知人の所有する土地にしたり、高価なものを破損する心配のない場所などへと工夫することが必要となります。
監視員や補助員などといったオペレーターの費用は減らせるのではないかと感じますが、安全上のためには必要です。どうしても減らしたい場合には、業者側のスタッフに依頼するのではなく知識を身に着けて自身で行うことが勧められます。
このほか、撮影した映像の編集を自分で行えば編集費用を削減することは可能です。また、撮影地に近い場所に構えている業者に依頼すれば交通費を削減することは可能となります。これらが格安に依頼することができる工夫といえます。

ドローン空撮依頼で注意すべき点

ドローン空撮を格安で依頼したいからといって、安い業者に頼めばよいというものではありません。格安で依頼したいならば、どのような撮影をしたいのかを考慮したうえで、その技術を伴った業者に依頼することが、失敗せず安く頼むポイントです。個人や格安業者に依頼すれば、撮影技術が伴っていなかったり、安全な撮影の準備がなされていないこともあります。最も重要なことは、周囲に迷惑を掛けず安全に撮影ができるという点です。これを十分に配慮している業者へと依頼することが第一です。
これを叶えるためには、見積りの段階でしっかりと説明してくれる業者を選ぶことです。見積りでの細かな内訳を説明し、納得できる説明をしてくれる業者を選べば安心できます。その際に、ドローンに関する技術や知識が豊富であるかどうかも確認してみるとよいでしょう。実績を調べてみることもひとつの方法かもしれません。依頼する際には格安ということも重要ですが、安心できる業者に依頼することが最も大切です。実際にかかる費用がいくら安くても、後々に対する不安・リスクがあるとメリットが少ないでしょう。求める空撮技術と補償をしっかり行い、安心できる説明で適性価格でもって依頼を受けてくれる業者が格安の業者といえるかもしれません。

一括見積もりスタート